伊香保温泉 美松館HOME > 美松館だより > 紅葉の榛名神社へ★

紅葉の榛名神社へ★

2016.10.12

秋の榛名神社の様子をお伝え出来ればと考え一昨年の秋(2012年11月7日)にWEB担当スタッフが撮影をいたしました。実際にお越しいただき、その空気を肌で感じてみてください。紅葉の見頃は10月下旬~11月上旬です。

 

■榛名神社 

日本屈指の恋愛、金運上昇のパワースポット!

 

DSC_6275

 

今や日本屈指の恋愛、金運上昇のパワースポットとして注目を集めている榛名神社。

秋の清々しいドライブ楽しみながらお出掛けしませんか?

 

美松館のある伊香保から榛名湖方面へ山道を上り、榛名山、榛名湖の絶景を通り山道を下ります。

境内入口まではお車で約30分です。

 

★門前の社家

 

DSC_6289

 

門前の社家待ちには独特の風景を醸し出す国登録有形文化財の宿坊や食事、お土産処が立ち並び、情緒あふれる街並みを散策する事が出来ます。

 

★ニノ鳥居

 

 DSC_6291

 

駐車場の道を上っていくと、参道の入り口のニノ鳥居が見えてきます。

一ノ鳥居は、ニノ鳥居よりも5km以上も山を下ったところにあります。

榛名湖方面から来ると一ノ鳥居は通りませんが、高崎市の室田方面から北上すると一ノ鳥居のわきを通ります。

 

★随神門

 

DSC_6287

 

DSC_6284

 

ニノ鳥居をくぐれば、すぐ目の前は随神門です。

 

★境内

 

DSC_6236

 

境内に足を踏み入れた瞬間、空気がピンと張りつめた神秘的な静寂に包まれます。

 

DSC_6238

 

榛名神社境内には、たくさんの奇岩があり、樹齢100年~400年前後の大きな杉の木が、参道わきに立ち並びます。

 

 

★三重塔(さんじゅうのとう)神宝殿

 

DSC_6282

 

DSC_6240

 

真っ赤にそびえたつ三重の塔「神宝殿(現在の名称)」 神社残存の層塔としては群馬県内唯一のものです。

※2013年12月に、化粧直しが完了しました!

 

★瓶子の滝(みすずのたき)

 

DSC_6247

 

滝の名前は落ちている両脇の岩を瓶子(みすず)岩と呼んでいたことによります。

瓶子は神に供える神酒をいれる器のことです。

滝の水、御水屋の水ともに境内の湧水です。 遊歩道から、滝壺までおりて見ることができます。

 

★双龍門(そうりゅうもん):(国指定重要文化財)

 

DSC_6253

 

安政2年(1855年)の建立。

 

★国祖社・額殿(複合社殿):(国指定重要文化財)

 

DSC_6266

 

国祖社はもと榛名山西部の御祖霊嶽にあったものを、いつの頃からか本社のそばに摂社として祭るようになったと伝えられ、天保十二年(1841年)に修復されました。

神仏分離以前は本地仏を安置し、本地堂とも呼ばれていたということです。

 

★本社・幣殿・拝殿(複合社殿):(国指定重要文化財)

 

DSC_6275

 

DSC_6261

 

一番手前が拝殿、奥が本社。両者をつなぐのが幣殿。

本社・拝殿ともに入母屋の権現造りで、御姿岩の前面に接して建てられた他に例を見ない珍しい社殿です。

 

★御姿岩(みすがたいわ)

 

DSC_6267

 

榛名神社の奇岩を代表する岩のひとつで、御姿岩は本殿背後にそびえ立ちます。

御姿岩と本殿が一体化するように本殿が建てられています。

岩の頂部はまるで人間の頭のような形をして突き出ています。

 

■お車でのアクセスはコチラ    お車で境内入口までは約30分

 

>こちらもご参考にどうぞ 周辺観光ページ

  • トップページへ戻る
  • お知らせ一覧へ戻る

露天・大浴場 天空露天風呂「浮雲‐うきぐも‐」と畳敷大浴場「座庵‐ざあん」

料理案内 旬の素材を盛り込んだ上州和食膳。朝、夕、お部屋で気兼ねなく

客室案内 ゆったりと寛げる広めの和室。日々の疲れを癒し、ごゆっくりと

館内案内 岩盤浴、卓球台、古美術ギャラリー。温もりとおもてなしを織り込んで

観光・交通 観光シンボル「石段街」までは徒歩3分。各種スポットも盛りだくさん


美松館だより

3つのご予約特典

赤ちゃん・妊婦さん・お子様 安心宿泊プラン

日帰りプラン

交通案内

スマートフォンサイトを見る